大阪でのデントリペア、ウインドリペアなら交野市の「デントスマイル」。京都・奈良・滋賀・兵庫からでも日帰り修理可能!

皆さんの愛車も笑顔。愛車日記

お客様のお車ひとつひとつが、当社の愛車です。

ドライブシャフトブーツのこだわり

2016.07.31

エンジンの動力をタイヤに伝えるシャフト、『ドライブシャフト』という部品があります。両側にゴムブーツがついており、中のジョイントがグリスで密閉しております。

しかし、ゴムなので劣化して破れてしまいます。破れていると、車検に合格しない程、大事な箇所。

今回、VOLVOのV70の点検で見つかったブーツ破れ。

IMG_8859

バラしてみると、半分に割れていました。

というより、新品で割れているブーツなのですが、交換が大変なので、バラさずに、割れた所を広げて接着して使うタイプ。

だから、劣化すると、つなぎ目から割れちゃうんです。

デントスマイルは、割れたのをつかわず、右側の一体型ブーツを使います。その代わり、シャフトを抜いて、バラしての作業になりますが、長期的に長持ちします。

IMG_8860

長く安心して乗れる整備に心がけております。

是非、デントリペアとウインドリペアの施工例もご覧下さい。
施工事例はこちら

車の下から、コンコン

2016.07.30

お預かりのハイエースを運転中、

『コンコン』

運転席したから、たまに聞こえてくる。走行中になる異音なので、停止した状態で音を探すのは難しい!

徹底調査して、原因箇所発見!

ショック下側にガタがあり、左右に触れる状態でした。

ハイエース ショックアブソーバー 異音

年数経つと、ゴムは劣化して硬くなったり、ひび割れしていきます。

ハイエースはゴム部分だけの交換が出来ないので、ショックアブソーバーの交換です。

ハイエース ショックアブソーバー 異音
交換して、試運転して、音が消えた時は嬉しかったですね!

ハイエース ショックアブソーバー 異音

このゴム部は重要部品。ガタがあると、車検に合格しません!

これで、音も無くなり、気持ちイイ運転が出来ますね。

是非、デントリペアとウインドリペアの施工例もご覧下さい。
施工事例はこちら

部分カーラッピングのたのしさ

2016.07.29

昨日紹介したブログの続きで、

フロント周りを変化させまーーーす!

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

まずは、グリル周りのメッキをマットブラックに変えます。

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

メッキ部分の塗装も可能ですが、塗装の乗りが悪く、飛び石などで割れたりします。

ラッピングなら、飽きたら剥がせるし、3年耐久あります。

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

いいですね〜!

我ながら、うまく貼ったと自画自賛ww

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

次に、デイライトのメッキ。

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

こういう細かい部分も貼れます!

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

細かくて難しいですが、お任せ下さい!

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

最後に、バンパーリップ部をグロスブラックに、

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

反対も同じく、すると・・・

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

元々あった真ん中のグロスブラックが左右に延長された形に!

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

もう一度、ビフォーと見比べると?

かっこいい〜〜〜!

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

ルーフにグロスブラックと合わせて、めっちゃカッコ良くなりました!!!

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

部分ラッピングは、色んな貼り方が可能ですので、

『自分らしさ』

をスゴく出せる方法でもあります。

デザインも含めて、ご相談ください!

 

ご依頼、ありがとうございました。

 

是非、デントリペアとウインドリペアの施工例もご覧下さい。
施工事例はこちら

C63 AMG ルーフラッピングの変化

2016.07.28

滋賀県草津市より、C63 AMGのカーラッピングでご依頼を頂きました!

カッコ良くて、いい音して、

これがラッピングでカッコ良くなるって想像しながらの施工は、

『たのしい〜〜〜!』

ってことは、

お客様はもっとたのしみだと思います。

期待以上の仕上りを目指すのに、気合いが入ります!

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

まずは、ルーフをグロス(つやあり)ブラックにラッピングします。

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

ルーフアンテナと、サンルーフは難しいポイントです。

アンテナは外して施工しました。

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

施工で大事な事は、

シワが無い事。

気泡が抜けている事。

キズをつけない事。

そして、スミズミまでキッチリ貼る(白いボディを残らず隠す)

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

いらない箇所をカットするのですが、カッターを使うとボディにキズをつけてしまう可能性があります。専用の糸でカットするので安心です!

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

できました!

屋根全面がガラス張りの様なイメージですね。

屋根が黒くなると、全体的に車体が低くみえるので、スリムになります。

ベンツ C63 AMG グロスブラック ルーフラッピング

屋根が黒いのは似合いますね!

ここから、もっと変化します。

明日、続きを紹介します。

是非、デントリペアとウインドリペアの施工例もご覧下さい。
施工事例はこちら

車の一番良い修理方法とは?

2016.07.27

車の修理方法は、多種多様です。

大阪府東大阪市より、BMW ミニのリアスポイラーを当てて壊れてしまったとのご相談。

新品に変えるか?
中古部品を探すか?
壊れた部品を直すか?

考えられる全ての中から、それぞれのお客様や車にとって一番良い修理方法を提案します。

だって、

お客様の笑顔が見たいんですから〜!!!

ミニ リアスポイラー 板金・塗装

当てて外れてしまった、リアスポイラー。

ミニ リアスポイラー 板金・塗装

完全に割れて、クリップで停めていた部分も破損。

確実に交換と提案される状態。でも、あきらめてしまったら、技術やサービスの進歩はありません。

ミニ リアスポイラー 板金・塗装

交換せずに、壊れた部品を補修する事で、お客様の負担は大きく軽減されます。

もちろん、飛んでいったりしない様に、補強の品質も確認しております。

ミニ リアスポイラー 板金・塗装

ヘコミだって、デントリペアか、板金塗装か、交換か?

フロントガラスの飛び石は、ウインドリペアか、交換か?

全ての修理に対して、最良の方法で直しております。

だって、

お客様の喜びが、僕たちのやりがいですから〜!!

是非、デントリペアとウインドリペアの施工例もご覧下さい。
施工事例はこちら

アルファードの車検整備

2016.07.26

大阪府交野市より、アルファードの車検でご入庫。

定期的に交換しないといけない部品がいくつかありました。

バッテリーは、3年に1回を目安に交換した方がいいですね。予告も無くいきなりエンジンがかからない事が良く有ります。悪くなる症状を待たずに交換した方が良いですね。

IMG_8737

つぎに、プラグ。車によってどんなプラグが付いているかで、寿命が違います。距離で管理したり、プラグの隙間を計って交換時期をみます。

左と右の隙間の差がありますよね?使っていくと、広くなり、点か不良につながります。

アルファード 車検 定期交換

そして、エアエレメント。右みたいに真っ黒になると、適量の空気をエンジンに遅れません。

IMG_8736

これで、安心して走れるのと、燃費や車の性能も上がります。

是非、デントリペアとウインドリペアの施工例もご覧下さい。
施工事例はこちら

ラジエーターチャージャー

2016.07.25

昨日のブログで紹介した、

ポルシェ ケイマンのラジエーターホース交換。

まずは、ラジエーター液を抜きます。

ケイマン ラジエーターホース 交換

取り外します。

ケイマン ラジエーターホース 交換

じわじわともれていましたね。

ケイマン ラジエーターホース 交換

ポルシェはミッドシップで、フロントにラジエーターが2個付いているので、ラジエーター液が28リットルも入ります。計の車と比べたら、7倍の量!!

そうなると、水を注入する時にエアーが抜けずに間にかんでしまい、エンジンを冷やせなくなります。

そこで登場するのが、ラジエーターチャージャー!!!

ケイマン ラジエーターホース 交換

真空引きして、液体を注入する事で、冷却システムに空気無く冷却水を注入できます!

ほんと、道具の大事さを身にしみて感じます。

是非、デントリペアとウインドリペアの施工例もご覧下さい。
施工事例はこちら

1年点検の大切さ

2016.07.24

神戸市須磨区より、ポルシェケイマンの12ヶ月点検でご入庫。

通常の乗用車の場合、車検は2年に1回をやる事が法律で決まっています。そして、1年に1回12ヶ月点検をする事も法律で定められております!しないと罰金となる拘束はないのですが、

車は、高速などで故障して、大事故につながる危険性があるから、法律で点検する事が決まっています。

 

ポルシェ ケイマン 点検まずは、エンジンルームを開けます。

エンジンがミッドシップなので、席の後ろにいます。

 

ポルシェ ケイマン 点検開けると、エンジンの登場。

エンジンの点検をおこないます。

 

ポルシェ ケイマン 点検エアエレメントの清掃

 

ポルシェ ケイマン 点検エンジンオイルの交換

 

ポルシェ ケイマン 点検そして、エンジンの下側もチェックすると、

冷却水漏れを発見!!赤い液が足れ落ちた跡がホースに。

 

ポルシェ ケイマン 点検点検をすると、目に見えない故障があったりします。

もし、このまま気付かずに、ホースから水が一気にでてしまったら、オーバーヒートして、車が動かなくなる故障までつながります。

 

点検は約1時間くらいあれば可能です。プロに見てもらう事をオススメします!

 

是非、デントリペアとウインドリペアの施工例もご覧下さい。
施工事例はこちら

オーバーヒートの威力

2016.07.23

『メーターに赤いランプがついています!』

と、クリッパーのご入庫。ランプの正体は、オーバーヒートでした。
早速、冷却水周りをチェック。

 

クリッパー オーバーヒート ウォーターポンプ色々調べた結果、ウォーターポンプから漏れた跡を発見。中のシールが悪くなり、点検口から水が出ています。

 

クリッパー オーバーヒート ウォーターポンプサーモスタッドという熱で開く弁があるのですが、過剰な熱で部品が分解していました!(写真右)オーバーヒートは、それだけエンジンにダメージを与えるんです。

 

クリッパー オーバーヒート ウォーターポンプでも、エンジンは問題無かったので、部品交換だけで完成!

 

よかったよかった!

 

是非、デントリペアとウインドリペアの施工例もご覧下さい。
施工事例はこちら

コーティング効果

2016.07.22

大阪府交野市より、アウディ A1のメンテナンスでご入庫。

リコール対応とオイル交換などの整備をさせて頂きました。

 

ガラスコーティング メンテナンス 洗車この綺麗な赤のアウディ、

1年前に、デントスマイルにてガラスコーティングをしております。

水洗いだけで、汚れが綺麗に落ちますし、厚くて固いガラス膜で守られた塗装面に傷がつきません。

 

ガラスコーティング メンテナンス 洗車皆さん、スマホに画面保護シートを付けているとおもいますが、

透明の柔らかいフィルムは、使っていると傷がいっぱい付いたり、くもってきたりしたと思いますが、流行りのガラスの保護シートだと、綺麗で傷もつきません。

 

同じ原理が、車の塗装面につくのですから、それは強くて綺麗ですよね!!

 

ガラスコーティング メンテナンス 洗車ガラスコーティングは、5年以上の耐久がありますので、 長く美しく姿で保ちます。

 

車好きで、大事にしたいあなたにオススメです!

 

是非、デントリペアとウインドリペアの施工例もご覧下さい。
施工事例はこちら

アクセス

> 大きい地図でみる

PDFの地図を見る

〒576-0036
大阪府交野市森北1-6-10

  • 施工事例 皆さんの愛車before after 施工台数1000台以上!笑顔の数だけ日々更新中です。
  • 愛車スマイル日記 皆さんの愛車も笑顔。
  • スタッフ募集
  • デントテクニカルスクール テクニックよりも、大切なモノがある。
  • Facebookぺーじにて「毎日の笑顔」更新中!
  • お客様が紹介してくれた「デントスマイル」記事集
  • 馬本 直也ブログ
  • 西田 雅博ブログ
  • YouTube
  • twitter
  • Facebook
PAGE TOP